採用のミスマッチやメンタルの問題から
早期で退職してしまう職員はいらっしゃいませんか?


 2015年12月から50人以上の事業所ではストレスチェックの義務化が始まり、労働基準監督署にストレスチェックの面接指導や実施状況等の報告が必要になります。
これは自殺者数の増加や精神障害等の労災の請求や認定件数が増加し、職場でのメンタルヘルスは社会問題となってきたことからです。


 採用から短期間で退職してしまうケースの裏側には、職場でのストレスからくるメンタルの問題があったり、配属先の職務と本人の適性が不一致だったという 側面などもあるようです。
ただこうしたケースは多くの組織でありえることです。恥ずかしながらうちの会社でもありました・・・。


 実際、みなさまの職場はいかがですか? たとえば、

  「職員がいきなり出社しなくなってしまった…」

  「若手職員が定着しないなぁ…」

  「精神的な面でトラブルを抱えていたらしい」

 といったご経験はないでしょうか。思い当たる採用担当者の方も多いのではないでしょうか。




新規の採用にかかる費用は200万円とも言われています
退職者が出れば、それだけで大きな損失とも考えられます


 採用に至るまでの時間や手間、採用後の研修や指導に費やす時間、指導者の拘束…など、直接的な費用がかかっていないとしても新しい職員を採用するために大きな投資をしていると言えます。
 採用に対して多くの費用や人員、時間を掛けたにも関わらず、すぐに退職してしまってはそのコストは全くの無駄になってしまいますし、また職員の士気の低下にもつながります。
その一方で、本人の適性と職務のミスマッチがないか、またメンタルに問題がないかどうか、採用前の面接だけで判断するのは非常に難しいのが現実です。


 こうした適性のミスマッチやメンタルヘルスの問題による退職者を、採用前に回避することができるとしたら、どうでしょうか?時間や費用が無駄になるリスクを減らすことができます。 また士気低下も避けられます。

 経営者、配属される部署、採用される方の3者にとってWIN-WINの関係が築ける方法の1つとして、弊社がご提案するのが、短時間でストレス耐性を見抜くことができる適性検査「HCI-AS検査」です。

 私たちがこの検査が病院での人材採用に最適だと思うのは以下の理由があります。



HCI理由


kari





短時間でメンタルまで計ることができるHCI-AS検査


 この検査は、検査自体は10分程度で終了し、事前に予約しておけば最短15分以内に結果報告を受けられる特徴があります。もし面接前に検査を受けてもらえば、面接中に結果報告を受けられ、その結果を見ながら面接を行う事もできます。

 そのため、面接を1度しかしない場合でも、(多くの病院や施設では面接は1度のみというところが多いです・・・)検査を踏まえて本人に質問を投げかける事ができ、適性検査を反映した採用が可能です。また、採用の可否を面接者個人の好みや傾向だけでなく第3者視点を加えることが出来ます。

 診断結果は12項目に分かれており、面接時のチェックポイントや適した配置の予測、育成指導のポイントなどを確認することができます。


 適性検査において「あきらかにこれにチェックを付ける人は採用されないだろう?!」と思った経験はありませんか?


 例えば、



  問1 ここ最近、イライラし、眠れないことが多い。
          ・
          ・
          ・
  問5 人の話を聞いているとウワの空になっていることが多い。



 採用面接で来て、このような質問があった場合、もし当てはまった項目があったとしても、「全く当てはまらない」を選択しますよね。このような適性検査は意味のないものになってしまいます。HCI-AS検査では、下記のような設問になっています。



 問5 トラブルが起こったときは
    A 自分の胸におさめるようにして大きくしないようにする
    B 多くの人に聞いてもらってハッキリさせる
         ・
         ・
         ・
 問17 会議などで自分の意見の方がすぐれていると思ったときは
    A それでもグループ全体の意向に従うようにする
    B 自分の考えを押し通す方(だまっていても心の中ではゆずらない)



 このような設問であれば作為的に操作しにくい内容となり、結果、HCI-AS検査の妥当率も80%と高い水準が得られています(適性検査業界の平均妥当率は45~60%)。




私たちも使っています!


日本の医療を支えるメディウェル 私たち株式会社メディウェルは、札幌に本社を構え、全国6拠点で病院や施設の経営や医療人材確保をサポートしてきたコンサルティング会社です。今までに様々な適性検査を見てきた中で、一番、経営者にも現場の方にも採用される側にも支持されるものが、このHCi-ASです。もちろん、弊社の社員を採用する際にも、この検査を導入しております。
 病院や施設と一緒に歩み続けてきた弊社だからこそ、現場に即した検査だと自信を持ってお勧めいたします。より詳細な内容や質問等については、お問い合わせフォームからご連絡ください。問題のサンプル等もご覧いただきながら説明させて頂きますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


適性検査についてのお問い合わせ先はこちらから
詳しい資料や問題サンプルをお渡しします
適性検査のお問い合わせ


コンサルティング事業部  担当:大累(オオルイ)